FC2ブログ

記事一覧

オオシオカラトンボ(大塩辛蜻蛉)

オオシオカラトンボ(大塩辛蜻蛉)さんだと思います(o^―^o)ニコこのトンボは、中型種で身近なもののひとつと言えるでしょうか。”シオカラトンボ”や”コフキトンボ”も同じような感じなのでよくよく見ないと判別出来なさそうです><しかし、シオカラトンボの複眼色は”青”で茶褐色なのはオオシオカラトンボらしいのでオオシオカラトンボだと思うのですが・・・オオシオカラトンボの体色は、やや青みがかっていると言うのも判別材料にな...

続きを読む

ヘリグロツユムシ(縁黒露虫)の幼生かな?

それとも違うものかな?クダマキモドキの幼生にも似ているような・・・と今回も自信を持って特定ができません(T_T)とは言えキリギリス系の仲間だと思います・・・ヘリグロツユムシの1齢は”サトクダマキモドキ”に酷似していて頭部のちょっとした違いでしか判別出来ないようです。個体差もあるので難しいですね><2齢~は見た目も変わりますし。でも、自信はありませんが画像の個体は”ヘリグロツユムシ”の2齢以降のものだと思...

続きを読む

ツユムシの仲間のような・・・

そうじゃないような・・・個体差もあり、幼生(幼虫)時の判別は難しいものがあります><撮影する角度や判別するポイントが写ってないと素人には何とも・・・キャ━(´ェ`)━!!!近種になるとまた分からなくなりますね(〃▽〃)それにしても足が長いです。とっても細長い~、更に触覚も長いですね。色々な虫がいますが、名前をちゃんと特定したい反面、別にそこまではと思う心の葛藤がしばしばあります(/∀\*)まあ、少なくとも”何々の仲間...

続きを読む

とんぼのお顔

ご無沙汰しておりましたm(_ _"m)施餓鬼~初盆準備、参り、そしてお片付け等に追われておりました・・・そして、間が悪い事に台風の到来時だったので色々大変な事ばかりでした><そして今、帰還しました・・・とっても疲れ気味です( ̄^ ̄)ゞさて、復帰第一弾は、とんぼのお顔です(o^―^o)ニコ画像は同じどんぼさんですが、お顔の表情が変化して面白いです。(相変わらずピンボケではありますが・・・)複眼の見え方の変化も面白いです...

続きを読む

椿の実の日焼け

椿の実です(o^―^o)ニコ葉っぱを除いてみると綺麗に日焼け(笑)太陽光のお陰で色づきますから・・・リンゴに文字を入れたりするのもこれと同じような事ですが、自然界でも結構起こりえるものですね。でも、ものによっては商品にならない(または価値が下がる)ものも・・・手のひらサイズの太陽を作れれば・・・でも、それだけ小さくてもエネルギー量は凄まじいかと思います。米粒ぐらいの太陽を部屋に・・・冬はそれだけで暖かそう...

続きを読む

ショウリョウバッタ(精霊蝗虫)

ショウリョウバッタ(精霊蝗虫)です(o^―^o)ニコ私は、「チキチキ(バッタ)」又は「コメツキ(バッタ)米搗」と呼ぶ事が多いです♪姿が似ているバッタに、「オンブバッタ(負飛蝗)」がいますが、こちらはここ何年(10年位?)も見かけていません><ショウリョウバッタは、最大種のひとつで大きくなります。画像のものは、まだ小さいですがこのぐらいの大きさの方が可愛い気がします。目を見ると、”白ごま”が付いてる(笑)って感じ...

続きを読む

ムクゲ(木槿)

ムクゲ(木槿)の花、2種(八重とノーマル)になります(o^―^o)ニコ別名は、「ハチス」だそうですが、何故に”ハ・チ・ス”なのか・・・それはと言うと古き時代の呼び名である「木波知須(キハチス)」の省略形だからだそうです・・・「キ」が抜けただけ・・あ、そうか「き(気)を抜く」と言いますからねぇ(笑)ムクゲのめしべは、フヨウと違い真っすぐです。また、この花を1日花と思っている方も多いかも知れませんが2、3日は咲...

続きを読む

蝉の抜け殻

抜け殻ですね(o^―^o)ニコ蝉の抜け殻は、形そのままに綺麗です。小学生の低学年の時に、幼虫を捕って来て蝉になるまで(羽化)の観察をした事があります。子供ながらに神秘的な感じを受けたのを思い出します♪虫にとって羽化は命がけですので、見ていてもハラハラしてしまいます。特に蝉は”はね”が上手く伸びないと何ともならないですから><小さい時の疑問が、自然界では羽化の途中で力尽きたものもいくつか見かけたのですが、羽化成...

続きを読む

ナガコガネグモ(長黄金蜘蛛)

ナガコガネグモ(長黄金蜘蛛)の幼生になります(o^―^o)ニコこの時期は、草花よりも蜘蛛が目立ちます・・・(ネタが無いとも言います(笑))名前の由来は、”コガネグモ”に比べて体が細長いので・・・ちょっと安直ですが、合ってますね。この蜘蛛は、比較的大人しく迷惑もあまりかけません。攻撃的なのはコガネグモの方でクモ合戦にも使われます。※コガネグモ(黄金蜘蛛とジョロウグモ(女郎蜘蛛)を混同されている方も多いかも知れま...

続きを読む

こにゅうどうくん

通りすがりに”こにゅうどうくん”のイラストが描かれているタンクを見かけたので”パチリ”と。”こにゅうどうくん”は、三重県四日市市のマスコットキャラクターです。こにゅうどうくんの父親は、「大入道(おにゅうどう)」さんです(笑)※大入道さんは、大四日市まつりの名物である大きなからくり人形です。(身の丈、4.5m)このこにゅうどうくんの舌を自分自身が今後”伸ばしたい”事を願いながら触るとその願い事が叶うとか。信...

続きを読む

ツノトンボ(角蜻蛉)

ツノトンボ(角蜻蛉)です(o^―^o)ニコツノトンボは、名前の通り”トンボ”の一種かと思いきや、どちらかと言うと”ウスバカゲロウ”に近いものと言えます。また、触角が特徴で、とても長くて先が膨らんでいます。ツノトンボ、私にとっては珍しい昆虫です(〃▽〃)生涯を通じ、出会ったのが今回で3回目になります。(気づいていないだけと言う事はあり得ますが・・・)全国的に珍しい種もいるようですが、全般的にも珍しい部類なのかも知れ...

続きを読む

プロフィール

福来雀

Author:福来雀
健康を考える年齢になってきました
(o^―^o)ニコ

20匹に1匹の幻のアオテうなぎ




































訪問者様

閲覧中

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

御訪問者様(テスト中)