FC2ブログ

記事一覧

シジミチョウ科(小灰蝶)

シジミチョウ科(小灰蝶)の中のヤマトシジミ(大和小灰蝶)ではと思います。
通常、身近で見かけるのは、ヤマトシジミとベニシジミが多いですから。

シジミチョウ類は、羽を広げて見せてくれないと判別し難いものもありますが、斑紋や突起物、色合いで分けられるものも多いです。
画像のチョウは、オレンジのラインが入っているので遠目で”ツバメシジミ?”と密かに思い、これは珍しいかも!?とも思いつつ良く見たら黒点列は”ヤマトシジミ”だし、”ツバメシジミ”にならあるはずの尾状突起も無いので、ヤマトシジミではないかと思った次第です。
ハマヤマトシジミ(浜大和小灰蝶)にも似ている感じですが、ヤマトシジミの近種なので似ていて当たり前なので・・・
羽を広げてくれたら判別材料にもなった事でしょうが、生憎の強風だったので閉じたままでした><
勿論、優しく「広げて!」と囁いても見ましたが、「馬耳東風」と言う訳ではありませんが聞き入れてくれませんでした(笑)

見かけたものが、特定できないとモヤモヤ感がヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ♪
シジミチョウの仲間には、瑠璃色の奇麗なものもいるので見るのは楽しいですね♪
と言ってもなかなか出会いませんが・・・

それよりも5月でこんなに暑いと昆虫たちもびっくりでしょうね。
でも、まだセミは鳴いていません♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
※セミの羽化には、天気や気温、そして湿度、地上の明るさ、地中の温度も関係するらしいので繊細なのでしょうね。
※また、年数が来たら全て羽化するものでは無いのかも知れません(個体差もありますし)が、セミの専門家に聞かないとはっきりした事はわかりません。
また、明日から雨の様相ですが、カエルも鳴いてません・・・都会(?)だからでしょうか???(〃▽〃)
そんな事はないのですが(#^.^#)

0723u - コピー

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福来雀

Author:福来雀
健康を考える年齢になってきました
(o^―^o)ニコ

20匹に1匹の幻のアオテうなぎ




































訪問者様

閲覧中

現在の閲覧者数:

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-