FC2ブログ

記事一覧

シリアゲムシ(尻揚げ虫)

シリアゲムシの仲間のひとつである、「ヤマトシリアゲ」だと思います(o^―^o)ニコ
この虫は、近縁種の「マルバネシリアゲ」や「キバネシリアゲ」と類似(と言うより専門性が無いと見分けが非常に付き難く困難)していますので断定は出来ないものの一般的に多く見かけるのが「ヤマトシリアゲ」なのでその可能性が大と言う事です。

また、この虫の歴史は古いらしく原始的特徴を強く残しているようです(〃▽〃)
この種の化石が、ペルム紀(年長の方なら”二畳紀”と言う方が分かりやすいかも知れません)から発見されているそうです。
ペルム紀は、古生代の最後の紀であり、今から約2億9900万年前~約2億5100万年前だそうですが、年代測定(絶対年代)には誤差が数百万年ありますので約3億万年前~2億5000万年前でも良いと思うのですが、そこがこだわりの部分なのでしょうね。
(曖昧だと全部ずれ込んでしまいますから)
※放射年代(放射性炭素年代測定法)が一般的に知られているものだと思います。
対象物によって使い分けます(他、10種類ぐらい測定法があります)

そして英語圏では、スコーピオンフライ (scorpionfly)と呼ばれているそうです。
その理由は、雄(♂)が腹端を背中側に持ち上げているので、”シリアゲムシ(尻揚げ虫)”の名前の由来になっている訳ですが、英語圏では、この尾がサソリの毒針に似ているとしてその名で呼ばれているそうです。
日本では、サソリには馴染みがありませんからね・・・例えようがありません(。-_-。)

翅の模様(斑紋)も個体差があり、見た目だけでは判断が付き難いようですが雄(♂)の腹端の形態を確認すればわかる人にはわかるそうです。
お尻が上がっていないので、この画像のものは雌(♀)のようです。(これも断定は出来ませんが・・・)

それにしてもこの時期は、何だか体が重いです><
更に気分も何となく沈んで・・・
とそんな感じなのですが”発憤興起(はっぷんこうき)”で頑張ります・・・たぶん・・(#^.^#)

明日は、七夕ですね(o^―^o)ニコ
星に願いを・・・あれも、これも、さらにこれもp(*^-^*)q
どうやら曇天の感じですが・・・天の川見れないかな><


2094u - コピー


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福来雀

Author:福来雀
健康を考える年齢になってきました
(o^―^o)ニコ




















訪問者様

閲覧中

現在の閲覧者数:

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-