FC2ブログ

記事一覧

セスジスズメ(背筋雀)

セスジスズメ(背筋雀)の幼虫のようです・・・
さて、問題です(笑)
この手の幼虫を毛虫(けむし)、芋虫(いもむし)と表記しますがふたつの違いは何でしょうか?
学術的な分類は良く知りませんが、毛虫=”毛が生えている”、芋虫=”毛がせいぜい産毛程度”と言う認識です(o^―^o)ニコ
あとは・・・行動時間が異なるのか? それとも食べ物か?と思ってはみるものの結論的を言うと上記以外は良く分かりません><
気にしないで行きましょう♪
唯、毛虫には注意して下さいねヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
結構毒があるものもいて刺されると腫れたり激痛で苦しむこともありますので・・・
小生(小学生の略ではありませんよ(笑))もと言いたいところですが、この”小生”と言う言葉は”自分をへりくだって言うときの一人称”なのですが対象が”同等”か”目下”の人に対してなので若輩者の私がこの場で使うのはそぐわないものですねヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ♪

よって、”私”で・・・
私も昔(幼少期)に毛虫に泣かされた口です><
毛虫の中でも上位(個人的嫌ランキング)の”イラガ(刺蛾)”に刺され、これが痛いのなんの昔風で言いますと「涙がちょちょぎれる(あふれる)」状態になりますキャ(/ω\*))((*/ωヽ)ァァ
幼虫が毛の棘の先から毒液を一斉に分泌する為なのですが、これが非常に強くって(T_T)
経験のある方は分かって頂けると思いますが、経験の無い方は今想像した10倍以上痛いと思います。
一部の別称が”電気虫(でんきむし)”でもありますので、その刺激の強さと言ったら・・・今思い出しても身震いしてしまいます(*`へ´*)
どうしても試してみたい(体験してみたい)と言う方には、敢えて止めはしませんがそれなりに覚悟して自己責任で刺されて下さい・・・
でも、止めておいた方が良いですよ・・・(”後悔先に立たず”ですので)


話がかなり逸脱してしまいましたが戻ります。
セスジスズメ(背筋雀)の成虫は、”ハンググライダーのような翼形”の茶系の蛾です。
最近は、ほとんど見かけないと思っておりましたが、幼虫がいると言う事は知らないだけでまだ存在してたのですね><

そして、この幼虫は”害虫”(人から見て)です。非常に食欲旺盛で色々な葉っぱを食べまくります。
農作物も大好きなようで、数にもよりますが畑が壊滅状態になる事もあるそうですぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!
芋類などは、上の葉っぱが無くなると(食べられると)光合成もできないので、地下の芋類も育ちませんし。
厄介な芋虫のようです。(早急の駆除対象との事です)

書いていて昔のイラガの痛みが・・・ヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ♪
2度とは味わいたくない経験ですので・・・

<芋虫等を見たくもないと言う方もおられると思いますので表紙(一つ目)は水滴にしておきます>
4152u - コピー

<嫌な人は目を逸らして下さいねm(_ _"m)>
セスジスズメ(背筋雀 - コピー

コメント

イラガ

イラガの幼虫はものすごく痛いですね。
何度もやられてます。
特に紅葉、カエデによく着きます。一度ケガ目に入り大変な目にあいました。現在の地に越してきてからも決まった木に着きます。木の生育期には消毒しますが消毒薬には弱いですね。冬場は木の幹とか下に置いてある鉢についてる固い殻ののまゆを見つけ処分してます。
芋虫と呼ばれるものは庭ではクチナシを坊主②するスカシバや畑では画像のような芋虫がサトイモを丸坊主にしてしまい畑へ行くたびに葉がかじられてないか注意してます。

Re: イラガ

何度もですか(驚)それはそれは大変な思いをされましたね><
特に目に入った事がおありだそうで、想像しただけで身震いしてしまいます(泣)
私は、幸いにもここ何年イラガの幼虫に出会った事がありません。
紅葉はありますが、今のところ無事なようです。
また、畑をされていると何かと大変ですよね、「無農薬だとこんなに虫が寄ってくるのか!」と思うほど多いですし。
毛虫、芋虫には注意したいものですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福来雀

Author:福来雀
健康を考える年齢になってきました
(o^―^o)ニコ




















訪問者様

閲覧中

現在の閲覧者数:

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-