FC2ブログ

記事一覧

薄墨桜

以前に少し触れましたが、岐阜県本巣市の根尾谷・淡墨公園にある桜で推定樹齢1500年以上と言われている古木です(o^―^o)ニコ

今回、取り上げたのは”傷心中”、もとい”焦心中”(こっちの方です)に読んだ本に書いてありましたのでp(*^-^*)q
何でも愛知県一宮市にある真清田神社に所縁(ゆかり)の深い家が所蔵しているものなのか?又は所蔵していたものなのか?は分かりませんが、その古文書である「真清探當證」と言うものに記載している内容では、
継体天皇(第26代天皇)さんのお手植えだと言う事です。
植えたのが467年頃と言われておりますので、1553年前と言う事ですね+゚。*(*´∀`*)*。゚+

また、その本によりますと継体天皇さんは愛知県一宮市生まれで幼い時に根尾の方に移住してお暮しになったそうです。
その根尾から京に行く(即位など)時に、植えた”記念樹”と言う事でもあったようです♪
日本書紀の記載から推測しますと、植えたのは17~18歳
古事記だと485年生まれとなっているようなので、「生まれていない!!」となります。
伝承、口伝は曖昧なものや作られたものもありますので難しいところです。
まあ、今回は細かい事はどうでも良いので兎に角、長生きな桜だと言う事です。

と言っても人の手が入らなければとっくに枯れ果てたと思われますが、現在は最盛期の勢いは無いものの細々と復活しているようです。ちょっと痛々しいところも多いですが・・・(最近、見に行ってはおりませんので、確実な事が申せません)
復活したのは、歯医者である前田利行さんによって、約250本の根に若いヤマザクラの根を接木して見事に復活させたとの事です。
本業は、歯医者さんでも今で言う”樹医”さんも出来たようですね。
※昭和24年の事だと言う事です(*´~`*)

古木の桜には、結構伝承が残っていますね。
記念樹かぁ・・・一本植えておこうかな(笑)
生まれた時に植えてくれると、同い年として愛着が♪・・・(移住できませんが・・・)
桐の木(15~20年で成木になります)と植えて、嫁入りの時には切って箪笥を・・・
ツゲの木を植えて、嫁入りの時には櫛を・・・
※よって、桐の木、ツゲの木がある家には、年頃の娘さんがおられると言われていたようです。
婿入りの時は、「何を~」と思ってしまいました(笑)

政府には頼れませんので自力で打破しなければ・・・
と思いつつめげそうな毎日です(T_T)
泣いちゃいそう・・・

さて、これと言った画像も無いので”おまけ”です。
<去年の桜:薄墨桜ではありません>
0427u - コピー

0397u - コピー

コメント

道路の拡幅

以前は薄墨桜の時期に行くには大変でした。岐阜の自宅からは普段の倍の2時間以上かかりましたが今は道路が2車線程度に拡幅されて楽になりました。まだ、桜の隣に人家があった当時に子供を連れて行った時の写真が残ってます。一時は絶える寸前まで行ったですが前田氏の業績は大きいですし、宇野千代さんの力も大きい出すね。

Re: 道路の拡幅

山崎さん、こんばんは。

芝生広場しか知りませんでしたが、桜の横に人家があったのですね。
知りませんでした><。
最初に訪れたのは、道に迷って走り回っていたら到着しました(笑)よって、とても遠かったです。
岐阜の道には、立派な広い道路も多いですね・・・(区間は結構短いですが・・・)

また、訪れたいところではあります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福来雀

Author:福来雀
健康を考える年齢になってきました
(o^―^o)ニコ




















訪問者様

閲覧中

現在の閲覧者数:

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-