FC2ブログ

記事一覧

新茶

今日は、お花ではありません(〃▽〃)

今年の新茶です(o^―^o)ニコ
自作なので単なる自己満足なものになります(#^.^#)

新芽の出る4月末~5月1週目が例年丁度良いです♪
比較的早めの摘採になりますので、質の良い芽(とても柔らかい芽)が採れます。
しかし、収量的には少なくなりますが・・・
おいておくとその分、葉っぱは大きくなりますが固くなってしまいます。
よって、一芯二葉か三葉の状態のものを摘みますp(*^-^*)q

その時は、「夏も近づく八十八夜~♪」を口ずさみながら手摘みをすると良いです(たぶん・・・)
本格的な、お茶作りを散見(その当時は子供だったので興味が・・・)しましたが、まどろっかしくて><
よって、自己流ですので参考にならないと思います。
しかし、手前味噌ながら味は良いと喜んでくれます(身贔屓かもですが:笑)

私の作る工程は、
1、新芽の柔らかい時に一芯二葉か三葉を手摘みします
2、流水で葉を洗い、ゴミ(枝、固い葉、時々蜘蛛)を除去します
3、洗った葉を蒸し器にかけて蒸します(数分:短時間)
  (深蒸しが好きな方は、時間をその分調整)
4、蒸しあがったら(色が緑から深緑色に)焙烙(ほうらく/ほうろく)か土鍋に入れ弱火で炒ります。
  ※電子レンジでする方法もあるようです
  表面だけ乾燥させるのでは無く、中身までじっくり乾燥させる必要があります
5、炒りながら(表現が適切では無いかも、要は水分を飛ばしながら)茶葉を練ります
  繊維を壊しつつ、全体を乾燥させて行きます
  段々、カテキンが出てきますがお構いなしに練ると言うか撚っていく(ねじり合わせていく)感じです。
  手のひらに皺が多い方が上手く出来るようですが、少なくてもどうにかなります。
6、全体が乾燥してくると、音が変わりますので火を止めます。
7、後は余熱で更に乾燥をさせますが、やり過ぎるとほうじ茶になりますので要注意です。
  それか火を止めたらキッチンペーパーなどに広げ、水分と熱を飛ばします。
8.これで完成です。
  保存は冷蔵庫が良いです:生鮮食品の為
  
茶摘み~完成まで所要時間は、1~2時間です。(100g~150g)
入れ方は、ご存じだと思いますので割愛しますが、ちゃんと鮮やかな黄緑色よりも少し黄色いお茶になります(#^.^#)
また、産毛が浮きますが、新芽で作った証拠ですからお気になさらず♪
この産毛は、毛茸(もうじ)と呼ばれているもので、茶葉が新芽から葉になる直前のごく短い間だけに生えているものです。

自己満足ではありますが、新茶を飲むと1年健康に過ごせそうな気分になります♪
清々しい感じがして良い気持ちにもなります+゚。*(*´∀`*)*。゚+

<その①>
7476u - コピー

<その②>
7474u - コピー

〇問題です
上記、その①、その②の内、茶葉はどっちでしょうか?
正解は最後に♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

<完成した茶葉:上手く撮影出来ませんでした・・・>
7544u - コピー

〇問題の解答です
正解は、その①の方です。葉の裏の毛茸(産毛)が確認できると思います。
その②は、結構似ていますが椿の新芽です(〃▽〃)
<アップ>
7476uuu - コピー


コメント

新茶

福来雀さん、こんばんはー。

ご自身で、新茶を作られるなんて、なんて素敵なんでしょう。

実は、子供の頃、両親が田舎に出かける際(墓守をしていたので) 畑での収穫など(柿の実も含めて)よく手伝っていました。

その時、お茶の木があって、ご近所のおばさんから、新茶の作り方を母が教わって、自家製新茶を飲んだことがあります。

手間がかかりますが、自分で作ったお茶は、格別だったと思います。

<毛茸(もうじ)と呼ばれているもので、茶葉が新芽から葉になる直前のごく短い間だけに生えているもの>

はやり、新芽にもあるのですね。知らなかった。

けれど、可愛い。まるで赤ちゃんのうぶ毛のような感じですね。

写真の①と②の区別分かりましたよ~♪
子供の頃見たものは、大人になっても、忘れないものですね。

若々しい新芽、黄緑色がめに優しい。

いいものです。

本日、とても貴重な新茶つくりをご解説いただき、ありがとうございました。


こんな話題も、いいものですね。 ^▽^

自家用茶

朝々や茶がむまくなる 霧おりる/小林一茶

自家用茶、うらやましいですね~。
と言っても作るのは大変かと思いますが。
栽培規模は小さいですが、二年ほど過ごした御殿場にもあちこちに茶畑があり、とら屋工房に近い寓居の目の前にもありました。
コーヒー等の私が日本茶に親しみを深くした二年間でもありました。
御殿場で詠んだ駄句を…。

  男衆も一芯二葉一番茶

  摘むよりも休憩長し自家用茶/むく(旧詠)

No title

すごいですね。。
お茶を手作りするなんて、、贅沢ですね。。
おいしいんでしょうねぇ。。
なんともうらやましいです。。(*´з`)

Re: 新茶

”花おばさん”さん、こんにちは。

量は少ないものの、手作りのお茶は格別なものになります♪
本格的な作り方ではありませんが、時短でもそれなりにです(o^―^o)
また、お茶の新芽の天婦羅もほろ苦いですが、春の息吹きを感じさせてくれますのでお薦めです。

と言う訳で、来年も頑張りたいと思います(^^)v

Re: 自家用茶

むくさん、こんにちは。

情景が目に浮かび、良い句ですね(o^―^o)
自分で摘んだものが、お茶になると言うのは愛おしさも感じられますので味も格別ですね。

日本人として、抹茶も含め日本茶は良いものだと再認識する手作り作業です。

Re: お茶

elsurericeさん、こんにちは。

贅沢でもあり、喜ばしいひと時です(o^―^o)
自分で作ったお茶は、茶の新芽の状態も分かりますので愛情も一入(ひとしお)です。

ブログでは、香りと味を知って頂けないのが残念なところです(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福来雀

Author:福来雀
健康を考える年齢になってきました
(o^―^o)ニコ


























訪問者様

閲覧中

現在の閲覧者数:

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-