FC2ブログ

記事一覧

アジサイ(紫陽花①)

この時期、お馴染みのアジサイです(o^―^o)ニコ

萼(がく)ほころび始めています♪(この表現が正しいのかは分かりませんが・・・)
萼は、装飾花と呼ばれる部分になりますが、大きく華やかです。
反対に、真花(実際の花)は中央部、よ~く見ないと形状が判り辛いかも知れません。

花の定義を考えた事はありますでしょうか?
私は、胚珠のある生殖器官があるものが”花”だと認識しておりましたが、実際には解釈が複数あるようです。
胚珠(はいしゅ)があると言う事は、受粉したら種子が出来ると言うものなので、次世代に繋げるものの形態の一つと思っております。
認識が甘い、又は違っていると言われるかも知れないですが・・・

真花が蕾のものも多いようで、全体に咲くのはあと1週間はかかりそうです。(地元では)
とは言え、このような時期なので人が居ない時は覗けますが、来ている人がいたら避けねば(。-_-。)
最近は、マスクをしていない方がとても多いですし><
体が弱いので気を付けないとと思っています(/∀\*)

まあ、有名どころは行かなくてもアジサイは見られますので・・・

8484u - コピー

8651u - コピー

<真花:画像粒子が荒いです>
8506u - コピー

<真花:拡大なので画像粒子が更に荒いです>
8506uuu - コピー

アジサイ→カタツムリ→エスカルゴをつい連想してしまいますが・・・
※エスカルゴ=フランス語でカタツムリの意
エスカルゴは、好んで食べません・・・だって「ピー(自粛)なんですもの」
まあ、エスカルゴで食べる食用カタツムリは「リンゴマイマイ」など3種ほどおりますが、ほとんどの場合養殖(と言うのかな?)していて食べているものがはっきりしているものですね。
野生種は、何を食しているのか分からないので食べる場合には、前処理(胃と腸の中を空っぽにする等)が必要になります。
日本の一部のカタツムリには、広東住血線虫という寄生虫がいる場合があります。
これに寄生されると、髄膜脳炎になり危ないので注意が必要です。
まあ、生で食べる人はいないと思いますが・・・生野菜は、ちゃんと洗って下さいね。
半生(タニシなど)が好きな方もおられますが、食味よりも安全重視でしっかり火を通して下さい( ̄^ ̄)ゞ
そう言えば、ナメクジとカタツムリの違いは殻があるか無いかだけだったと思いますが、食用ナメクジは聞いた事がありませんね?
殻が無い分、調理が楽な様な気がしますが・・・
※両方とも塩をかけると縮んでしまうそうです。やった事はありませんが(。-_-。)

結論から言うと別に食べなくても良い食材ではありますね(私見です)
元々、食べ始めたのは飢饉のおり、タンパク質摂取の為だったらしいですし(〃▽〃)

コメント

♪淡紅の紫陽花が梅雨の日の~

>萼(がく)ほころび始めています♪(この表現が正しいのかは分かりませんが・・・)

こういう時こそ「愕然とする」と言うべきでしょう^^
え?@@;漢字が違う?
まぁ~大体合っていれば問題なさそうですし~

ボクは額アジサイが好きです
ちょっと儚さが漂っているでしょう?
あの雰囲気が好きなんです^^

エスカルゴ料理は永遠に
サザエの壺焼きには勝てないでありましょう^^

美しい紫陽花たち

福来雀さん、こんにちは。

美しい紫陽花たち。

見せ方も、いずれも、美しく、
楽しませていただきました。

紫陽花、かたつむり、エスカルゴまで、話題盛りだくさんで、読んでいて、満腹になりました。

やはり、紫陽花には、かたつむりがよく似合うとおもってしまうおばさんです。

今回も、ありがとうございました。

Re: ♪淡紅の紫陽花が梅雨の日の~

aozoratenkiさん、こんにちは。

ガクアジサイ(額紫陽花)も良いですね(o^―^o)

サザエ、お子ちゃまなので”ウロ”が食べられません・・・
要するに贅沢食いですね(笑)

Re: 美しい紫陽花たち

”花おばさん”さん、こんにちは。

紫陽花には、雨とカタツムリ(でんでんむし)が良く似合いますね(o^―^o)
中々、その場面に出合わないですね><

来年は、ゆっくり見に行きたいものです・・・

ナメクジ

いつの番組だったか所ジョージの番組で〇〇さん賞とかいい表彰する番組がありました。表彰された方はどこかの虫などを集めて展示する博物館のような所の館長さんで、展示物はほとんど自分で採取するようでしたが、ある時、展示物は「ナメクジ」。展示の準備をするが透明な板で囲った中へナメクジを入れたら皆上にあがり脱出失敗。そこで何かナメクジが嫌いなものを上の方に塗ればいいだろうと色々試す。ナメクジには塩ということで塩水を塗ってみるが難なく脱出される。そこで最後に思いついたのが台所の中性洗剤でした。これを塗るとナメクジは下へ戻ってしまうようです。

Re: ナメクジ

山崎さん、こんにちは。

ナメクジの撃退又は忌避の応用ですね。
駆除方法として、塩、界面活性剤、酸(漂白剤など)を使いますが、界面活性剤(洗剤)だと近寄りもしないのですね。
反対に、ほとんどの種がビールが大好きらしく、ビールで誘引捕殺できるようです(確認した事はありませんが・・・)
面白いものです。

ナメクジとビール

ビールは確かに効果テキメンですね。岐阜市時代はナメクジに悩まされ随分使いましたがよく集まり朝にはビールの中で沈没してました。私はお酒飲みませんので今はナメクジにビールやるのはもったいないです。

Re: ナメクジとビール

山崎さん、こんにちは。

ビールは有効なようですが、発泡酒でも同じ効果になるのかな?と考えてしまいます。
意外に味に拘りがあるものなのか・・・(笑)

ビールは、確かに勿体ないですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福来雀

Author:福来雀
健康を考える年齢になってきました
(o^―^o)ニコ


























訪問者様

閲覧中

現在の閲覧者数:

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-