FC2ブログ

記事一覧

ネジバナ(捩花)

ネジバナ(捩花)の花です(o^―^o)ニコ
別名は、モジズリ(綟摺)と言います。
この花に関しては、知っている方も多いかと思います♪

草丈の低い草地で見かけられますねp(*^-^*)q
華やかさはあまりないものの、控えめながらもラン科としての気品は持ち合わせています。
唯、花が小さいのでじっくり見る必要はありますが・・・
群生している事も多いので遠目からも楽しませてくれますが、やはりラン科として花もじっくり見た方が良いと思います♪
しかし、管理をされている草地では、草刈り機で雑草と共に刈られてしまいます。
そこだけ残すのも手間ですし、作業される方も無頓着と言うか関心の無い方もおられるでしょうし、作業効率を考えると一掃するのがベターですから。

また、ネジバナの個体寿命は短いようで短期間の内に、世代交代(更新)を続けているようです。
それ故、突如として(気付かないうちに)群生していたり、そうかと思ったら翌年は全く見ない(消滅)事も多々あるようです。
言われてみたら、確かにそうですね(。-_-。)
同一個体の長期的栽培は非常に難しいもののひとつですが、種がこぼれ発芽し結構次につなげます。
よって、場所によっては生えすぎて”雑草”扱いに><
何でもほどほどが良いようです(特にご家庭では)
数年育つには、土中の共生菌との関係が重要になり、ちょっとした変化(土入れ、植え替え、栄養を与える)で関係が崩れると枯死するようです。(蓄積していた養分を使い果たし、補給出来ない為のようです)

ラン科は、繊細です(〃▽〃)

このネジバナ、全体を綺麗に撮るのは私には難しいです(T_T)
技術がぁ・・・ありませんヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ♪
よって、部分撮り(/∀\*)

0242u - コピー

0229iii - コピー

0231u - コピー

〇思う事
「エリート家族」が生きがいだった老女の末路と言う記事で
「親子関係においてこれまでどんなことがあったのかはわかりませんが、本人を目の前に「早く死ねばいいのに」と言う家族がいたり、救急車を呼んで一命をとりとめた際には「なんで助けたの?」とクレームがあったりという経験をしていた」
(そのまま抜粋)
と言う一文が本文の(本筋)内容とは違うのですが、重く受け止めました。
私には、念頭にも深層にも無いものなので、そう思う心情は分かりませんが要因は知りたいと思いました。
何故なら、家族内の事は他人には分からない事なのですが、何かしらの教訓になると思ったからです。
想像は何となくできますが、真実はわかりませんからね。
病気や蛇や毒草などの毒のあるものも怖いけれど、一番怖いのは「人」なのかも知れません。
反対もまたしかりなのですがp(*^-^*)q

人の世を生きると言うのは、ある意味難しいものですね・・・
とは言え、”自分らしく”でしょうか。

コメント

No title

こんばんは~

確かにネジバナはどこにでもあるのに育てるのが難しい植物ですね。
ただ、育てられないわけではなく、植え替えを年に一回するとだいぶ違います。
八重咲きの「宴」と言う品種がありますが、これはもう30年以上作り続けられおり、株分けで増やされています。

Re: ネジバナ

イセゴイさん、こんにちは。

なるほど植え替えで延命できるのですね( ..)φメモメモ

株分けで、30年以上子孫を繋げているのですか(驚)
やり方次第で長年楽しめるのは良いですね(笑)

普通のネジバナで何年続くか挑戦してみたいと思います♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福来雀

Author:福来雀
健康を考える年齢になってきました
(o^―^o)ニコ




















訪問者様

閲覧中

現在の閲覧者数:

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-